鬱は怠け病?鬱の体験談


私は10年前ひどい鬱病になりました。
何をしても 楽しくない。
何もしたくないという感覚
でもしなければならないという焦りがありました。
初めは 焦りでした
なんだか常に出来ていない感覚が
あって、やらなきゃやらなきゃと焦りました。
焦るわりに、焦るから?効率が悪く
ますます、焦りました。
そのうち頭が真っ白になるようになり、
どれを何からやっていいかわからなくなりましたが何故かやらないとか、やることを減らす、とか
人に相談するという対処が思いつかず
ただ今やらねばならないことをこなさねばならないのに、出来ていない、どうすればいい もうダメだ
という思考のループにハマりました。

私は小学生の頃からマラソンが好きで趣味でしたが
それすら鬱になり全く楽しくなくなり 
起きてる間中苦痛を感じるようになりました。
最終的に苦痛から逃れようと
自殺未遂をしてしまい生き残りました。

ただ、自殺未遂が深刻なものだと
そのまま精神病院にまわされます。

私は薬物治療を受け
環境を変えなさいと担当医に言われました。

言われた通り環境を変え
休みながら服薬しても
日常を回復するのに何年もかかりました。

鬱になると楽しいとか嬉しいとか
やってみたいとか話したいとか
ポジティブな感情が全くなくなるのです。
全く。
実際は起きてる時間絶え間なく悲痛感に襲われている
のです。
テレビを観るのも音が苦痛
人に会うのも仲良い人でも苦痛なんです。
人に会うのが辛いのは自分の頭の悲痛感を抑えさえて対応しなきゃならないのが辛いからです。

鬱を怠け病っていう人いますよね

なったことないなら
わからないのは仕方ないんですよ

ですが怠けてるとはほど遠いです。

鬱の方は起きてる間
絶えず苦悩苦痛と戦っています。

しかも
寝ることもなかなか出来ない。

活動できないのに
絶えず苦痛を感じながら布団の中で起きてるって感じです。

もしこれが体の痛みが原因なら誰も
怠けてるって言わないんじゃないかな。

心も同じなんです。

鬱の人の気持ちわからなくても
仕方ないけれど
こんな感じに心はなってます

出来たら暖かく見守ってあげてください

カウンセリングルームすみきり

新潟県上越市土底浜にあるカウンセリングルームです 心理カウンセリング、コーチングの個人セッション 新潟市 上越市 富山 長野にて心理学、コーチングのセミナーを開催しています